素晴らしい技術で地下を掘り進められる

縦穴を掘る際にすべきこと

地下を掘っていく際には、まずは縦穴を掘る必要があります。
なぜなら、そこにシールドマシンを入れる必要があるので、そのためには縦穴が必要になるのです。
もちろん、その際に壁が崩れる可能性もありますし、地下水が漏れるケースもあるので、慎重に進めなければなりません。

シールドマシンによる本格的な掘り進め

シールドマシンが入るほどの縦穴が掘れれば、今度はシールドマシンによって本格的に掘り進めることになります。
これによって、約24時間で10メートルから15メートルほど掘ることができるのです。
全てが終われば、シールドマシンを解体し、そこからはより細かい作業で形を整えたり、メンテナンスを行ったりするのです。

掘った土はどうなるのか

地下を掘れば、当然ですが大量の土が生じることになります。
その土を、単に機械で運ぶには非常に大変な労力を要します。
そこで、水を用いて特殊な粘土上にして、より処理のしやすい状態にするのです。

新しい技術が日々開発されている

もちろん、今の地下を掘る技術も非常に素晴らしいものがあります。
ただ、まだまだ進化をする余地はありますし、新しい技術は日々開発されているのです。