積極的に地下を利用するメリットとは!?

天候や気温の影響を受けにくい

基本的には地下なら、雨の日も傘をささずに済みます。
また、夏でも冬でもそこまで気温による影響を受けないので、快適に過ごせるというメリットもあるのです。
他にも、雪の大き地域でも、地下ならスムーズに移動をすることができるのです。

多くの人によって使いやすい

また、地下街では車や自転車が走らないことから、多くの人にとって使いやすい存在だと言えます。
もちろん信号などもないので、快適に移動ができるメリットもあります。
他にも、バリアフリーの対応がしやすいなど、障害者にとっても優しい場所だと言えるのです。

臨機応変に拡大ができる

地下工事を行うことによって、必要な時には臨機応変に地下を拡大することもできます。
地上には、建物を始めとした様々な障害物があるので、そう簡単には拡大できませんが、地下であればそれも可能になるのです。

地下災害には注意

ただ、いろんなメリットがある地下ですが、逆に災害が起きた時には、大きな被害を出してしまう可能性もあります。
特に、洪水が起こった時に、地上の水が一気に地下に押し寄せてきて、人命の危機が生じるケースもあります。
たとえ人的被害は起きなくても、多くの施設が洪水の影響によって、長期閉鎖を余儀なくされるかもしれないのです。

安全対策が第一

どのように地下を活用するにしても、常に災害のことを想定しながら、安全対策を第一に取り組んでいくことが大事になってきます。