河川の氾濫や被害を食い止める

巨大な空洞に水を貯める

例えば、首都圏には様々な場所で、巨大な地下空洞が設備されています。
そうすることで、もし川が氾濫した場合でも、そこに水を貯めることができるのです。
そして、その水を氾濫していない川に放水することができるのです。

地下トンネルで水を運ぶ

また、空洞だけでなく、巨大な地下トンネルによって水を運ぶ計画もあります。
もし河川が氾濫したら、その水を地下トンネルに取り組み、そのまま海まで運ぶという計画なのです。
もしそれが実現すれば、大幅に水害での被害を減少させることができると考えられます。

未だ課題が多い

もちろん、地下を利用しての氾濫対策は、まだまだ課題が多いのが現状です。
場合によっては、他への被害を拡大させる要因になってしまうかもしれないので、慎重に計画を進めていく必要があります。
ただ、地下が水害対策に大きく役立つことができるのであれば、積極的に活用することが求められるわけです。

いずれは全国で取り組まれる可能性

こうした取り組みは、まだ都市部の一部で行われているぐらいですが、いずれは全国で取り組まれる可能性もあります。
そうなれば、さらなる災害対策に期待ができるわけです。