安全面で定評のある日本の地下鉄

地下の充実した設備

地下鉄が走る地下トンネルには、様々な充実した設備が搭載されているのです。
例えば、地下トンネルには常に新鮮な空気を取り込むダクトと、一方で排気ガスを排出するダクトの、両方が備わっているのです。
それによって、閉鎖されたトンネルであっても、地上と変わらないほどの空気を維持することができるのです。

急な停電にも万全な対策

もしも、地下で急に停電が起きたとしても、電車や駅校内が暗闇に包まれることはありません
もし停電が起きたとしても、別の変電所から電気を送ってもらうことができるため、仮に1つの変電所が停電したとしても、他で補うことができるわけです。

万全な安全対策

また、日本では地下鉄による事故も非常に少ないです。
それも、万全な安全対策によって保たれていることなのです。
例えば、一定以上の速度超過が生じると、自動的に速度が戻る仕組みになっているのです。
また、近年は可動式のホーム柵が設置されるようになり、線路への転落を防ぐ設備も次々と搭載されるようになっています。

海外でも日本の地下鉄は評価されている

こういった万全の安全対策によって、日本の地下鉄は海外でも大きな評価を得ているのです。
現に、多くの国で日本の技術を取り入れており、新たな鉄道建設の際に参考にされているのです。