大規模な地下シェルターで何年も暮らす事ができる

なぜ地下シェルターが必要なのか

地下シェルターを作る理由として、1つは核への懸念を考えてです。
核を所有している国は未だに多いですから、万が一のことを考えて、地下に避難できる場所を確保したわけです。

自然災害に備えて

また、大規模な自然災害が起きた時でも、地下に避難をするためにシェルターを作っておけば安心できるわけです。
特に、巨大ハリケーンや大津波など、そういった大きな災害が起きてしまうと、もはや地上世界で生き残ることは難しくなるので、早めに地下へと避難をするのです。

地下シェルターに搭載してある施設

地下シェルターには、もちろん大量の食料品や生活品が備わっています。
それだけでなく、病院や警察署などの公共施設や、発電所や下水処理場などもしっかりと搭載されているのです。

今後地下シェルターは増えるか

多くの国が地下シェルターには注目をしているので、今後地下シェルターはさらに増えることが予想されます。
いずれは、日本でも大きな地下シェルターが作れる日も来るかもしれません。