地下に発電所を設置する訳

景観を守ることができる

発電所を地上に設置すると、どうしても高い多くの施設を作ったり、高い建物を設置しなければいけなくなります。

そうなれば、景観を損ねることになりかねず、観光にも影響を与えてしまう可能性があるのです。

しかし、地下に設置をすれば景観を守ることができるため、そういった悪影響を防ぐことができるのです。

災害の影響を少なくする

例えば、日本はどちらかと言うと災害が多い国なので、地下に発電所を設置しておくことで、災害の影響を少なくすることができるのです。

それによって、ライフラインへの影響も最小限に食い止めることができるわけです。

もちろんデメリットもある

ただ、地下に発電所を作ることは、もちろんデメリットも生じます。

例えば、地盤変化が起きた時に何らかの悪影響を及ぼす可能性もあります。

また、地下の場合は限られた空間の中での発電になるので、修繕やメンテナンスが必要になった時に、どうしても苦労を伴ってしまいます。

あとは、地下そのものに影響を与える可能性もあるので、決して安易にできることでもないのです。