危険予知を見極め地下を掘り続けていく

昔は非常に多かった地下での事故

最近でこそ、そこまで大きな地下での事故は起きていません。
ただ、昔は地下での事故は非常に多かったのです。
多数の犠牲者を出した事故もありましたし、工事関係者だけでなく、周囲の住民にも大きな影響を与えた事故もありました。
それらを教訓にして、今の技術があるわけですが、当然ですが今でもそういったことが起こる可能性は、決して無いとは言えないのです。

単に技術だけの対策ではなく

技術が優れていれば、事故が起きないというわけではありません。
その前段階での安全対策はもちろん、万が一何らかの事故が起きた時の対処法を万全に期することも、地下を掘る上で絶対に求められることなのです。
事故を起こさないことが第一ではありますが、もし起きてしまった時に、二次被害を出さないこと、被害を最小限に食い止めることも大事になってくるのです。

いつ非常事態が起きるか分からない

どれだけ万全に対策をしても、非常事態が起きてしまうことはあるのです。
そうなった時に、どのようにして対応をするのか、事前に徹底的に管理をしておかなければならないのです。